October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31








リクエストレッスンで使う鯛。

可愛い。

大きすぎると扱いに躊躇されちゃう

まな板サイズくらいで

丸ごと美味しくいただけるように

考えてます。

手頃なサイズに慣れておくと、

どんなものも平気になっていただけます。


塩加減







料理はやっぱり塩加減。

人の身体の塩分濃度と同じ0.8%が
美味しく感じるのだけど、
料理もある程度は数をこなし覚え込む、
スポーツと似ていてこなした分、
頭で考えなくてもこのくらいなら
このくらいと分かりだす。
最初から目分量は危険だし、
微妙に違う材料重量なのに
毎回同じ調味も…
基本理論を把握しながら
自分の舌を信じて、美味しいお味の
決め所を知る、シンプルにいこう!

お肉好きです

 

福岡空港に用事があり

 

どんどん変化していく様子に

 

驚きます。


 

STEAK HOUSE Gourmet Fugetsu the origin

 

子連れに嬉しいシートベルト付きの椅子があって

 

我が家には快適でした。

 

霜降り牛ではない

 

赤身の美味しさ。

 

これもこれで好きです。

 

 

 

 

 

 

ふき

 

ほろ苦さが旬の味

 

体の芯から

 

元気にしてくれます。

 

丁寧に下処理する手仕事は

 

一手間だけれども

 

家族の

 

豊かな味覚を育ててくれます。

 

 

マツコの知らない世界



携帯を、さーっと見ていたら

こんな画像や動画がいつのまにか

撮られていて






子供達、美味しそうだったのかなぁ

食べたいから記録したのかなぁ

マツコが気になったのかなぁ。

モンブラン特集が

今更気になります。




小松菜と揚げの煮浸し



私の母はよく煮浸しを

作ってくれていて

色々な野菜とお揚げの

煮浸しを食べた思い出があります。



料理において大切なことは沢山

あるけど、やっぱりお出汁は

あらゆるお料理の土台になって

いるから大切です。

忙しい時はもちろん顆粒や手軽なパックも

素晴らしい!

でも

自分でも美味しいお出汁がひけると

すごく自信が持てるものに

なるかも。
出汁が美味しいならば

どんなお料理を作っても

美味しいものが出来上がる。

それを感じるのが

煮浸し

だったかもしれません。

たけのこ




僕これ好き!

そう言われると

何度も何度も

つい嬉しくなり

出してしまう。


出し過ぎて

もういいよ。

飽きたよ。

と言われるまで

母は気付かないものです。






そんなエピソードを

私の相棒に聞いたことのある

筍。

季節の味であり

ほろ苦い思い出をクスッと

感じさせてくれる味。

きっと皆さんにもあるんだろうな〜

思い出話聞いてみたいです。


食べたものは

思い出とともにあり

そこにはほっこり温かい愛情が

詰まっているものです。


春の混ぜご飯



目と舌で味わうことが

できる日本料理。

素朴な家庭料理においても

旬の食材で楽しんでもらいたいですね。







日本の四季折々の

季節を愛でる文化

色々な国を旅しても

素晴らしい文化だなと思います。

フルーツタルト


お勉強会に出かけたあと

美味しいタルトにお誘いいただきました。



フルーツたっぷりの

プレミアムタルト。

魅力的なタルトがずらりとあって

次はレモン系が気になります。

以前はワックスがかかった輸入レモン

ばかりだったけど、近年

国産レモンが手軽に手に入るようになって

見かけるたびにワクワクします。

長男が大好きな

レモン系ケーキ

もっと上手に美味しく作りたい!


誰かが好きと言ってくれると

俄然やる気が沸く単純な人間。






チャーハン



三児を育てながら

毎日奮闘していると

とにかく朝昼晩の食事の準備に追われています。





炭水化物のレパートリー

チャーハン。


これを美味しく作れると

ママとして

一歩楽できますよ。

全てのタイミングを

しっかり抑えると

失敗とはサヨナラですー!


子育て中のママの皆さん

一緒に頑張りましょうー!





<<back|<123456789>|next>>
pagetop