December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

御船山とぶどう狩り

 

御船山散歩は恒例行事となってきました。

 

 

夏の花火と御船山散歩は

 

いつも夜には外出しない子供たちにとって

 

テンションの上がるイベント

 

 

前回は妊婦だったので

 

息子たちが手を引いてくれて

 

気遣ってくれたような。

 

いまだに身重だと思っているのか

 

今回も手を引いてくれたのですが

 

ん?!ちょっと邪魔だな〜1人で歩いた方が早いんだけど…

 

なんて思いながらも

 

「あ〜助かる〜」なんて

 

いつもは無神経な私ですが、、、大人なコメントしてお散歩させていただきました。

 

男の子、心強いですね。

 

帰りには、ぶどう狩り。

 

シーズン終わり気味なぶどう園でしたが

 

フルーツ狩りが大好きな息子に

 

何度もお願いされていたので

 

ギリギリ間に合って良かった。

 

次は幼稚園のお芋収穫

 

楽しみ。

 

 

夢の国


長時間並んで一瞬のアトラクションを楽しむくらいなら

サクッと入れる近所のお店で


ゆっくりお茶を楽しんだりランチする方が

仕事で疲れた身体には優しい

そんな風にかつては思っていた私です…。



が、子供が意思表示するようになって

からは価値観が変わったというより

疲れの癒し方がすっかり変わりました。

どんなに疲れていてもどんなに並んでも

乗りたい!嬉しい!楽しい!と

全力で表現する彼らを見ると

疲れが吹き飛びます

何より、こんな風にべったりと一緒にいられて

こんなにも感情を表現してくれるのは

ほんの一瞬なんだろうなと感じるから。



どこのパークにもない充実感がなぜか


あるディズニーランド

親になりあれこれパーク的なものに

足を運んできたけど

ディズニーランドはスタッフの方々自身が


ディズニーランドのことが好きなんだな感じます

プロ意識が高いとか聞くけど

仕事としてお金をもらう人は

皆持って当たり前の意識。

当たり前に求められるスキル以上の

レベルアップや責任の持ち方を

絶えず高めていける努力が

立場に関係なく目指せる人材が多いことは魅力的です。

今日1日がイベントです!と言われれば頑張れるでしょうが

毎日となるとなかなかできないこと…

あらあら夢の国でしたね、失礼。




おおきなプーさんを可愛がる息子くん


なんだか忙しそうです…

当分の間、良い相棒になってくれるのでしょうか?

よろしくお願いします、プーさん。

大人の私が抱きしめても気持ちいい、持ってきたとき

大きさにびっくりしたけど

私が一番気に入ったのかもしれない。



〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜

河内藤園

まだまだ見頃ということで

河内藤園へ

幻想的な藤のトンネル








世界の美しい場所10選というのも納得ですね







お教室の名前である凛藤曄とは、

サロンを通して出会った皆さんに伝えたい想いや、私自身が生涯通して抱く願いを一字ずつに込めて作り上げた言葉です
そのうちの1字である藤は
私にとって特別な花




自分の抱く思いを軸とし大切にし響かせられるように





藤の花のように、静かな美しさの中に落ち着いた意思





字の通り、かがやいて

 

 

藤を目にするたびに

 

「初心忘れるべからず」と。

 

人生には様々なことに初心があります

 

見失うことなくコツコツ何事にも取り組みたいなぁ

 

 

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜

 

 

 

 

 

 

 

舞鶴公園

 

散り際も美しい

 


 

意志を感じるほどに咲き誇り

 

潔く散っていく

 

今年も家族の笑顔とともに

 

桜を愛でていられること

 

ありがたいな。。。。


 

この瞬間はいつでも目の前にあるわけではない

 

それは満開の桜だけに言えることではない

 

気がつけば散っていた…とならないように

 

大切に日々過ごしたいなぁ。。。。

 

 

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜
 

 

 

 

クリスマス

年に何度か必ず行っていた舞台やショーも

ここ数年は子供のリクエストを重視したものに変わっていたけど

今年のクリスマスはミス・サイゴン。



体調が悪くてもちゃっかり楽しい事はゾンビのように起き上がれちゃいます。


久留米に新しくできたというホール

とっても素敵なホールでしたよ〜

有名な劇場と比べても劣らず

とても立派な施設で驚きました。



福岡から遠くないのでまたこちらで
ミュージカルを鑑賞したいなぁ


良い思い出になりました。

 

ぐっと寒くなったせいか‥

 

先月の忙しさが祟ったか‥

 

体調を暫くの間崩して横になっていると

 

いつも大暴な息子がたくさん助けてくれ

 

兄弟間でも助け合いが芽生えています。

 

母に子供達をお願いする時間も増えていたけど

 

いつもよりぐっとお利口に

 

過ごしているようです。

 

いつもなら真冬のビーチに連れていって!!と盛り上がり

 

砂遊びをするかと思いきや

 

服をせっせと脱ぎ出して

 

まさかの海に走って行くような息子たちが

 

大人しく公園で草木を集め相撲遊びしてるとか。

 


 

みんな元気でいるのがベストだけど

 

何かトラブルが起こると

 

結束が強まったり

 

絆が深まったり。

 

 

一番身近なチームである家族の存在に

 

助けられることが多いですね。

 

 

 

ルイヴィトン アメリカズカップ!

博多港で開催された国際ヨットレースのアメリカズカップ

父の影響もあり

今までなんどもヨットレースに足を運んできたけど

趣味の延長でやっているレースとは

何もかもが違って


かっこいいです。

芦屋基地航空祭へ

 

 

3連休というものは

 

親にとっては

 

3連動??…

 

とにかく動きっぱなし。

女系家族の中で育ち

 

家の中にも飛行機なんてなかった私。

 

息子2人に恵まれ

 

新しい世界を見させてもらっています。


 

沢山の飛行機を近くで見ると

 

想像以上にCOOL!!

 

とにかくかっこいい。

 

男と女はやかり違う生き物なんだと

 

子供を育てるとよく分かる

 

生まれてはじめて興味の沸くものも

 

興奮し熱狂するものも違うなぁ



女性は

 

テキパキと淡々と効率と優先順位を考えながら自分の世話より人のお世話が好き

 

一方、男性は

 

興味と関心の向くままに夢中になり突き進む体力と集中力がある

 

それって子供の頃から自然に。

 

全員ではないけど

 

子供のコミュニティーをみていると

 

どこいってもだいたいそう。

 



 

ブルーインパルスのパイロットはエリートと言われているようですが

 

素人の私からみてもかなりかっこいい。

 

この方々は子供の頃から好きだったものに突き進んだのかな〜??

 

私の姪っ子は少し前に性同一性障害を告白しました。

 

よく思い起こせば

 

彼女が子供の頃私が髪を結ぼうとしても

 

嫌がってたり

 

スカートよりもズボン

 

人形遊びよりサッカー

 

いわゆる男の子らしさいっぱいだったのかもしれない。

 

男の子らしいとか

 

女の子らしいとか

 

向き不向きなんてないとは思わない。

 

いや、息子を生むまでは

 

男も女も関係あるか〜!やるかやらないか!ただそれだけ。

 

なんておもってたけど

 

やはり男と女の違い、役割分担そんなものも

 

多いにあると感じる。

 

それは社会の枠組みとか体制とかではなくて、

 

生まれながらの思考など自然なとこで。

 

だけど、そういったものが一致しない時

 

自然に自分の中にある個を大切に自分らしく生きて欲しいと思う

 

誰かになんとなく決められた範囲で生きるという社会を受け入れるのではななく

 

自分の社会を切り開き

 

コレ!!というものを見つけて

 

オリジナリティー溢れる唯一の人生を楽しんで欲しい。

 

ブルーインパルスの迷いなく勢いのある展示飛行に

 

魅了されながら

 

しみじみそんなことを思いました。

 

一流のオタクになるのは簡単ではないけど…

 

自分の気持を大切に頑張れる、突き進められる、そんな人生を応援したい。

 

 

 

 




 

 

 

 

白糸の滝

夏の間はかなり混み合うという

白糸の滝

ちょっと前のお休みにいきましたが

ゆっくりとした感じでした。

スタッフのおじさんに懐いてしまい

ついついお世話してもらってしまった。


そう息子の魚釣り熱がすごかったのです…

自宅にあるありとあらゆるガラクタや

散歩で拾ってきた怪しい木々で

日々せっせと手作り竿を持ち真似しているもんで…たまには…。

といってもたぶん本格的な釣りでは

魚が引っかかるまで待てませんから釣り堀のヤマメ釣り。

子育ては自信の原点を育てることが大切!!

だなんて教科書通だと言われていますが

年子の男の子を育てていて、基本ママ一人でみている時間が長いとなると

そんなことできるわけもなく…

でも、もちろん褒めてあげたいんです。

自信もつけてあげたいんですよ…。

この日は、

釣れたその瞬間、心から

「頑張ったね〜!!すごいじゃん!できるじゃん!!」

そう思ったし

言えました…。

一番嬉しかったのは

いつも怒ってばかりで不甲斐ない私が

好きなこと興味のあることに

つれていってあげられて

魚を釣れて、喜ぶ息子を

褒めてあげられた、

そのことだったのかもしれない。。。。

昨日よりも今日

今日より明日

着実に歩んでる彼を評価してあげられず

怒ってばかりだけど

本当は魚なんて釣れなくても

毎日「頑張ったね!」の連続なんだろうな。

もっと褒めてあげたいね〜!!!!!



こちらでかき氷も食べて帰りました。

年中かき氷が好きな息子

好きな物を食べるときは

いつも見せないくらいの

笑顔です。







武雄図書館

 

 

随分経ちますが

 

オープン当初何かと話題になっていたので

 

気になっていたこちらに

 

立ち寄りました。

 


 

使い勝手の面など従来の図書館の

 

並びとは違い問題はあるようだけど

 

TSUTAYAを経営する民間企業CCCが委託されてるだけあり

 

とっても居心地が良い空間。

 

スタバで購入した物をテラスでいただいて帰りました。

 

沢山の不満の声があるようですが

 

地方には少ないセレクトで個人的には大好き。近所にかなり欲しい。

 

以前は六本木ヒルズのTSUTAYAが近くて良く行ってたけど

 

本やだけの機能だったのでまた違う。

 

テラスもあって、代官山のTSUTAYA的な雰囲気もあり、かつ図書館の機能と品揃え

 

私はすきです。

 

ビジネスにおいて挑戦しないことこそが失敗とよく言われるけど

 

図書館と言う存在ってビジネスと言い切れないものだから

 

攻めなモデルが必要か…沢山の声が上がるのでしょう。

 

失敗した部分も多少あるとは思うけど

 

図書館が多様化していく上で必要なステップであるに違いない。

 

世界はたえず止まることなく進んでいる訳で

 

図書館の中にある学習室一つとっても

 

従来の図書館にある静かで殺風景な学習室でひたすら机に向って

 

暗記やらしているのが私の世代のイメージ。

 

勉強には適していたけど

 

そもそも勉強と言う物さえ

 

我々が学生の頃やってきた暗記重視では

 

通用しない世の中に子供達が成長する頃にはなるでしょう。。。。

 

情報を得るという観点から考えても

 

インターネットが普及し

 

あえて本がなくても実は情報は得られる。

 

それなのに図書館に行く意味は何か。

 

ネットを使う世代が増えれば増えるほど

 

図書館の雰囲気や空気感を求められるのかも知れない…。

 

未来の日本がどうなるか楽しみ!

 

センスや才能のある人材がまだまだ眠っているのですね。

 

同じ日本人として光栄です。

 

 

 

https://www.google.com/maps/@33.189242,130.0238147,3a,90y,202.15h,71.56t/data=!3m6!1e1!3m4!1szLPf53ubh5Ccwif5sEFRSQ!2e0!7i13312!8i6656
 

 

 

12345>|next>>
pagetop