October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

兵馬俑

圧巻の兵馬俑

一体一体表情や体つきが違い

全てにモデルがいたとされる8000体

これだけの規模で出土されたなんて驚くべきこと

農夫が井戸掘り中に発見したようだけど

タイムスリップしたかのような

臨場感を感じただろうなぁ…



永遠に続く帝国を夢見た秦の始皇帝は

自分の死後、己の墓を取り巻くように

兵馬俑を配することを命じたという

日本の弥生時代にあたるこの時代に

これだけの国家組織があったということ

それを考えると今の「中国」と言う国が持つ

底知れぬ力を感じる

あまりとやかく中国のことは言えない…

すべての欲望を手に入れ最高権力者となった一人の人間の

死への対峙はいったいどんなものだったのだろう…

始皇帝の死後たった二年で秦は滅びてしまったけど

2200年経った今でも兵馬俑として生き残り

この展示では一部しか見られないものの

確実に何か語りかけているように感じた

あぁ出土された場所を訪れたい…



始皇帝が中央集権制確立のためにさまざまな規格統一を行い

大きなものは度量衡(重さの統一)、篆書体への書体統一。

(印鑑でみるような書体)

文字を統一することで多くの人民への情報技術を統一し

統治しやすくしていった、その様子が

展示の中でも書体として生で見ることができ

非常に面白い。

文字を書くことと政治は密接に関係していた

始皇帝は文字を統一したと言うと聞こえは良いけど

自国の文字を基準にし他国の文字を廃した。

展示物からそういったこともひしひしと感じた

さて、自宅に帰ってしばらくは

この時代の臨書に勤しもう…




 

もうすぐご入学…

もうすぐ卒園を迎える年長さん

みんなでの大作作りを前に

お題の「笑顔」を練習中です。



漢字はまだまだ難しいのですが

皆で話し合って決めたからでしょうか???

熱心に取り組み一生懸命な様子です

「ここははらいだね」なんて

口にしている姿を見ると

たった一年前は初めて筆を握ったと言うのに

随分成長したなぁとしみじみ感じます。

同じように教えてもそれぞれ個性ある字に仕上がり

これからの子供達の成長が本当に本当に楽しみです。

彼らが成人する頃、わたしは????歳…

その頃どんな字を書く大人になるかも気になります。

それは上手下手ではなく、字には個性が表れ人となりが感じられるから。

今この瞬間から、何十年後に向けてどんな人生を辿りどんな風に成長したのか

なんとなく見てみたい気もします。

まぁそうこう言う前に

私自身がこれからの日々をどう過ごし、

どんな表現をできるようになるのかを心配しなきゃね 笑
 

書道展

書道仲間の個展が開催されました☆





仕事を辞めて書道一本の生活へ入るMさん

新しい門出を祝って我が家で祝賀会☆






ポットラックパーティーなので

手作りのものや名店の美味しいもの

沢山あって楽しいですね。



子供椅子から…アウトドアチェアまで…笑

皆、一見すると何で繋がっているの?と

思われるような老若男女問わず国籍問わず?

の仲間達。



たった一つ、書道を愛して楽しんでいるということで

繋がっているだけなのですが

話していることは「書」の話ではなかったり…

「書」の話もしたり…。

仲間達皆がこれからのMさんのご活躍を楽しみにしています!!

今年の干支 羊

小学1年生の生徒さん

熱心に書いておりました。





しっかり堂々と「羊」を書くことができました!!




そして字の成り立ちを学んだ上で

創作した「羊」

なかなか素晴らしいですよぉ。

漢字の成り立ちを学ぶと

字を覚えることがとても楽しくなります!

本来の意味を汲み取った漢字のフォルムは

おもしろさに溢れていて、他のいろいろな字との関連も発見が多いです。

z

japan times で見つけた昔の記事

こうやって外国の方も覚えているのかな?

字って面白い!そんなことを子供達に感じてもらいたいですね。



 

子供書道

手習い歌である「いろはうた」

47文字のひらがなを全て使っています。

「あいうえお」を書いてもらえばいいのかもしれません、

でも、昔ながらのものの良さや美しさを

子供達にも触れてもらいたかったのです。
 

いろはにほへと  (色は匂へど)
ちりぬるを      (散りぬるを)
わかよたれそ   (我が世誰ぞ)
つねならむ      (常ならむ)
うゐのおくやま   (有為の奥山)
けふこえて      (今日越えて)
あさきゆめみし  (浅き夢見じ)
ゑひもせす     (酔ひもせず)


七五調の歌で仕立てられたこの歌はなんとも美しいのです。

昨年、育児で追われる中唯一見ていた大河ドラマ「平清盛」

そこで歌われていた「遊びをせんとや 生まれけむ〜♪」

美しい音色やリズムは時を超え現代を生きる私たちにとっても

心地いいものを届けてくれます。

「あ・い・う・え・お」と書く力強さではない

「い〜ろ〜は〜に〜ほ〜へ〜と〜」のはんなり感

なんとなく表現されているようにも感じます。

もうすぐ小学生になる子供達

勉強はものの価値・良さ

そういったものを自分で感じるためにちょっとした知識を

与えてもらうもの。

歴史を学ぶ時もその時代の空気感だとかを思い浮かべるといいけど…



我が家のちびっ子にも少しだけ筆を。



「羊」

書けるかな??

 

銀杏並木

毎年恒例になった銀杏の美しい時期に開催する

書道仲間 墨遊楽の書道展



息子と一緒にお散歩がてら

行ってきました。



ベンチでお弁当を食べてから…

去年は走り回ってた長男、今年は??

今年は仲間達に優しくしてもらい

いい子で皆とお茶してくれていたので

私は煎茶の先生のところで

ゆっくりお話を聞くことができました。



味わい深い…

いつものお茶はいったいなんなんだろうと

思うくらい。



玉露の茶がらを磯部巻きにしていただく。

とっても美味しいです。

お米の粒はお茶碗に残さずいただくのが

お米を生産した方

お料理を作った方

そしてお片づけをする人への

心遣い。

お茶もこうやって大切にいただくこと

大切なことですね。

物を大切にいただくとなんだか心が穏やかになります。








またメンバーが増えて

新しい作品の構想について

良いアイディアをいただけました!

意欲が沸く沸く!!

テンションが上がっていたのか、、、

ベビーカーでの渋谷乗り換えがうんざりなのか、、、、

外苑前から品川まで2人乗りベビーカーを押して

軽快に歩いた私。。。

筋肉痛はいつくるのかしら??


 

書道展

書道仲間の作品を拝見しにお出かけ。



自分のスタイルがすっかり出来上がった友人の作品や



新しく指導者が変わり刺激を受けて変化する友人の作品



そして他の出会ったことのない方の

オリジナリティー溢れるアートな書まで




刺激をいただきました。

毎月指導を受けていた創作的な書は

子供ができてからほとんど行けなくなりました>・<

それでも、

どんな時もコツコツできること

誰に与えられなくても

自分でほんの5分でもいいからつくって

机に向うことなんてできなくても

子供とお風呂に入りながら

筆で遊ぶふりして壁に水書きしたり

できることだけ。

バタン・キューでなかなか毎日は難しいけど

書道教室の指導がてら

書に触れ合うことだけは大切に続けていこう!

そう思いました。



先月の年長さん書道



子供達も次第に観察力

表現力が高まってきましたよ。

伝えることで気付く書の素晴らしさ、

私が教えることより教えられることのほうが

遥かに多い…
 

命名書

関西なんてすぐそこ…そう思っていた頃とは違い

簡単には移動できない今

懐かしの場所にこうやって来れること

嬉しい気持ちは一入です。

有馬に宿泊後、午前中は母校の研究室にお勤めの友人を訪ね

校舎の増築はあるものの当時と変わらぬ校舎を

友人に案内してもらいながらお散歩

不思議〜

自分の家族とここを歩く日が来るなんて…

多くの校舎が国の重要文化財に指定されたそうで

あの頃はあたりまえのように過ごしていた校舎だけど

今思えば沢山の自然や落ち着く環境で過ごせたことは

私に穏やかで恵まれた大学生活を与えてくれたのだと

あらためて感じました。



そして、友人の娘ちゃんに会いに移動☆

命名を私に書かせてくれたのですが

なかなかアイデアが浮かばず制作できずにいたのですが

やっとやっと完成しました!




間に合って良かった☆

木製のうちわの裏には

キャプションのように誕生情報や命名の想いを添えて…



大阪での一泊は福岡に住む両親を迎えて

友人の計らいで両親もランチから一緒です。

子供の歳が近いのでキッズ達はプラレールとトミカの車に夢中でした。




夜はビュフェスタイルでしたが

オーダー制のメニューも多くて

とっても美味しかったです。





お寿司みたいなデザート>。<



わさび風 ミントペースト

醤油風 チョコソースと一緒に!



今夜は息子を両親にお願いし

様変わりした梅田近辺をデートさせていただきまーす。

七夕にむけて

年長さんの書道レッスンは

七夕に向けて「笹の葉&七夕」作品でした





笹の墨絵は硯で丁寧に墨を磨り

「いい香りがする〜」

なんて言いながら…

そう、墨ってアロマ効果もありますよね。

そして何より心を落ち着かせる大事な時間にもなります。

日々の慌ただしさから少し離れ、落ち着いて考える時間を持つことは

人生にとってとても大切であり、子供たちにとっても

そういった時間を持てるかどうかが大人になる上でも有意義なことになると感じます。

はじめて私が写経に触れたときもこういった話しを聞きました。

山のお寺をお参りするときも石段を一段一段登っていく

そこで心を落ち着かせ、目的地を目指す。

目的地に到達するまでに邪心を捨て、経験したこと、考えたこと、

それが自分の人生を作っていく…と。

子供たちにとって何か特別な思い出にならなくてもいいから

力強く生き抜く糧のほんの一部にでもなれば…それでいい、そう思います。




 

ははの日

書道レッスンでは「ははの日」がお題!



小学一年生くらいまでは通常ひらがな2文字なのですが

私はスパルタですかね…

4文字

そして

漢字も入ってます。。。

でも頑張って書いてくれましたよ!

本当にみんな頑張り屋さんです。

私の母の日は久しぶりに焼き肉に連れて行ってもらいました☆

ホルモンをパクパク!

食事後も彼のお友達が2次会ということで我が家に遊びに来てくれて

息子達、大興奮!!

ワイワイと楽しい母の日を過ごすことができました。

母になれて幸せです…ありがとう。

 
1234>|next>>
pagetop