February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

親友からの贈り物


先日、大学時代からの親友から
プレゼントが届きました



どんなに離れていても、どんなに環境が変わっても
必ず年に一度は会っている親友

お互いに家族や仕事があるので
連絡は頻繁ではないけど
ありのままの姿で
全てさらけ出せる
いつ会っても腹の底から笑い合える
彼女の存在は大切です


気が付けば様々な思い出を積み重ね
お互いに困った時や嬉しい時に
同調ではなく時に厳しく時に優しく
冷静な意見を交わしてきた心友

ご主人の仕事でダラスにこの冬渡米


歳を重ね沢山の知り合いに

支えてもらってきたけれど
彼女のような存在に恵まれたことは
何よりも大きな宝物

こんな時も食いしん坊な私は
食べ物の思い出ばかり蘇るのです




学生一人暮らしの狭いキッチンで作った夜食

旅先で着飾り背伸びして行ったレストラン
パックパック旅行で分け合い笑い合った甘い甘いドリンク
同じマンションに暮らしてたころのおうち居酒屋ご飯
バリバリ働き毎日が外食だった頃の2人馴染みの中華に和食
お互いに子供ができみんなでお出かけしてヘトヘトに疲れてもなんとか作ったスピード飯
彼女のお宅に行くと必ず出してくれる宮崎牛があまりに美味しく男子学生並に食べてしまった私

あぁ 食は私たちに
爆笑な思い出から
ラグジュアリーな思い出まで
心を満たしてくれました

次いつ一緒に食べれるかな?

それまでは日本が恋しい?!はずの
友人の為に日本食レシピを
ブラッシュアップしよっかなぁ

思い出話にお付き合いくださり
ありがとうございました〜

日本らしい家庭レシピのご紹介が

レッスンで増えるかも?お楽しみにしてください




〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜

泡洗顔



丁寧なお肌のお手入れをしたい‥と
思いながら、怒涛の日々が過ぎていって
しまってます。

美容を専門とする友人からおススメされ
コレを新しい年の始まりに使い始めることに。

女性にとっては毎日使うものだから

なんだかワクワクしますよね




この泡で出てくる洗顔


細かくふわふわでもっちり

なかなか消えることのない

弾力のある泡。

バタバタしがちな三児の母には
かなり嬉しいもの見つけちゃいました。

クリスマスに生徒さまから素敵な

リップもいただきそちらも今までにない
使い心地に驚きです

コスメは進化し続けていますね。
今年の目標の一つ

毎日コツコツ美容‥

はじめます!と言いたいとこですが
まだまだしばらくは自分のことより

子供のこと

そして限られた時間で作り上げるレッスンのこと。

かつてほどしっかり時間をかけての
支度ができません。手抜きではありませんよ!
ぎゅっと集中して、今だからお伝えできる内容も
増えました。

今も変わらず受講し続けてくださっている生徒様のお気持ちは

かつてより深い想いを感じます。

お友達や生徒様の美容話も好きなので

色々楽しく聞いて

たまにサクッとお手入れを毎日いたしますよ!

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜


夏の思い出

ついに子供達は始園式を迎え

夏休みが終わりました







静けさが戻った家の中

バスを見送りながら

ホッとするものの


なんだか寂しい

 


夏休みは毎日大変だけど


人生の中で子供と過ごせる時間は


そう何年もない


私の両親と過ごせる時間だって


そう何年もない


両親、子供三世代共に近くにいた今年の夏休み

楽しい!嬉しい!とは違う


しみじみした有り難さ

あぁ毎日忙しい、クタクタだと


大人は言っているけれど


気がついた頃には


子供の方が忙しくなり


親子で遊ぶ時間など減るんだろうな


この日々を懐かしむ日もそう遠くないのかな…



 

贈り物

 

iPhoneImage.png

嬉しい贈り物

濱田まさるさんのコスメです。
新しい化粧品ってなんでこんなにテンション上がるんだろう

 

お手入れとは程遠いドタバタな毎日だけど

少しは美容のことも思い出そう


他にもグルメなプレゼントありがとう〜

祝われる歳でもないけど
20代までは誕生日ってやっぱり楽しみで
どこに行けるかなプレゼントは何かなと
子供のようなワクワク感があったものです。


そんな気持ちをこっそり少しだけ

未だにもっていられるのは

彼女のおかげかも。
 

彼女がいることを当たり前のように過ごしてきたけど

いつも応援し見守ってくれているおかげで

乗り越えられたことが沢山あったな

歳を重ねるほど

人生を伴走してくれる女友達の存在が

大きくなってくる

 

それはきっと言葉がなくても

表情一つ、声色一つで

分かり合えるくらい月日を経て

関わってきたからなのかなぁ

 

春には恒例の家族付き合い

子供とぐっちゃぐっちゃになりながらの

お泊まり会。楽しみだな。

 

 

 

りんご狩り

 

先日三瀬にはじめて行ってきました

 

子供達は

 

長い長い滑り台の公園で駆け回り

 

帰りにリンゴ狩りという看板を見つけ

 

寄ることにしました。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

iPhoneImage.png

 

フルーツ狩りって楽しいですよね

 

収穫したものを食べて味わうって

 

最高です。

 




りんごをみるとついつい「不揃いの林檎たち」を思い出します

 

私あの頃いくつだっただろう。。。。

 

もう、知らない人も多いのかしら…

 

知らぬ間に歳を重ねていますね〜


 

このドラマを見てた当時の友人と

 

夜な夜な林檎ジャムを仕込みながら

 

事情があり数年ぶりに連絡を取りました。

 

とても幸せであり、一方で悩みを抱える友人

 

「感情をコントロールできる自分になりたい」

 

どうやったらいいのでしょう…

 

「あやこはいいわよね〜、感情荒げることなんてないでしょ」と。

 

まさか〜!!

 

私の個性をリストにすると必ず入ってくるかもしれない…

 

もちろん誰ふりかまわず感情的にはならないけど仙人のようには

 

まだなれません。

 

大声で笑い、大声で怒る。。。。

 

どちらかというと感情を素直に持つことを

 

自分の個性として大切にしたいと思ってる。

 

同時に感情的な自分と

 

向き合い見つめる努力はしたいと思ってる。

 

答えがすぐに出るとは限らない。

 

それでも求め続けることで時間が色んな気持を自然に消化してくれたり

 

活路が開けてきたり。ほとんどの答えは自分しか見いだせないと思う。

 

人との出会いの中で、誰かと巡り会うことは偶然と思えば

 

今までと変わらぬ日々を送るだけになってしまう。

 

嬉しいことが起きれば「ラッキー!」

 

嫌なことが起これば「腹立つ!」

 

それではいつまでも自分は変わらないから…

 

運命的な出会いに

 

自分がブンブンと振り回されてしまいます。

 

運命的な出会いや

 

避けられない状況や環境さえも

 

何かに縛られるのさえやめれば

 

離れることはいつでもできる。

 

何かに縛られ離れないのも自分の考えの及ぶところ。

 

出会いを必然と捉えて、誰かを羨むでもなく、憎むでもなく

 

いったいこの出会いは何を意味するのだろう?

 

何を伝えようとしているのだろう?

 

何を学べるのだろう?

 

そう向き合うことで少しずつ自分が変わっていきます。

 

相手が自分に求めることが一体何で

 

自分のできることが何で。

 

そういった習慣をつけることは

 

恋愛だけでなく、仕事にも役立つこと。

 

自分の人生を歩み感じれるのは

 

自分だけだから。

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

和の心地よさ

 

私たち日本人のDNAでしょうか…

 

可憐なの野の花をほんの少し

 

華美にならないように

 

シンプルな花器に添える。

 

なんだか落ち着く。

 


 

 

夏の終わりの花で少し時期は過ぎてますが

 

鉄線と太藺 (テッセンとフトイ)

 

本格的な生け花に沿ってやろうと思うと

 

ハードルが高くなりますが

 

好きな物を1、2本を投げ入れならば誰にでもできます。

 

ボリュームたっぷりのアレンジメントより

 

落ち着くのです…

 

お花屋さんに行くとフラワーアレンジメントに使うような

 

花がずらり!

 

昔は存在感のあるアレンジメントが好きでしたが

 

今は野花が欲しい。。。。

 

どうやら野花は持ちが悪いのと大量に売れる(祝いなど)ものではないから

 

定期的に生け花のお教室などの買い取りがない限り

 

店舗としてはリスクがあるとのこと。

 

ふ〜ん。商売にならなきゃ仕入れられないものね。

 

だから、見つけると嬉しい。

 

子供が摘んできた雑草も時に嬉しい…。

 

 

今は亡き私の祖母は自宅の至る所にお花を生けていましたが

 

生けるお花のほとんどは

 

自宅の庭で育てていて

 

年中家の外も中も花が絶えませんでした。

 

今思うと、売り物の花に好きな物がないから

 

育てていたのかな?

 

可憐で日本らしい花ばかりでした…。もっと話して教えてもらいたかった。

 

 

新しい文化を取り入れることで日本人は

 

美味しい色んな国の食べ物や素敵なファッションにも恵まれた。

 

新しい刺激を目の前にすると今まであった物の多くを

 

手放してきたようにも思う。

 

 

私が仕事で和食を国内外に伝える活動に力を入れたきっかけは

 

お花だけでなく

 

和食にも

 

人との会話にもある

 

日本独特の引き算の美学に対するなんとも言えない心地よさに魅了されている自分

 

がいることを強く感じだしたから

 

きっと私だけではない…

 

海外評価の高まりと連動させ、日本国内の評価が高まるよう

 

できることをやりたい

 

 

 

 

そう、私自身がもはや日本の文化から縁遠くなっている。

 

知らないことが増えていってるという危機感がある。

 

それでも、和の生け花に心洗われる物を感じ

 

無駄を削ぎ落した和食に洗練された美味しさを感じ

 

和のしつらえに心落ち着く安らぎを感じ

 

言わずとも理解され、スッと行き届く奥深いサービスに感動し

 

やっぱり日本っていいわぁと思う。

 

 

「和心」を自分なりに今の生活に合わせながら育てたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

母になることと手芸

 

夏休みが終わり

 

息子達のスモックの洗い替えを

 

作っています。

 

休みの間に作れば良いものを

 

ようやくです。

 

 

手芸は上手ではない才能がないと自覚しているものの一つ

 

ですが、子供の頃から作ることは好きです。

 

子供達のものを作るようになり

 

ひと針ひと針あえて時間に追われず

 

丁寧にやってみるようになった。

 

以前は忙しい、時間がないなどといって

 

効率化を図ろうと途中から丁寧ではなくなり

 

想定している完成形から離れてしまってた…だからできたものも気に入らない。

 

手芸だけでなくいろんなことがそうだったのかもしれない。

 

 

一人だった時とは違い今は生活の中に家族のお世話が入って

 

一層慌ただしい、結局いつになっても自分の性格も相俟ってゆったりとはしない。

 

 

ある社長に社会人になりたての頃言われた

 

「忙しいって結局良い訳になるんだよね、

 

いつだって仕事もプライベートも抱えることは増えていくんだから

 

忙しいって心が亡くなるって書くでしょ、自分の捉え方だよ」って。

 

あの頃は「それでも…時間が…」と思ってたけど、今はすごくわかる。

 

 

経験値やノウハウが増えたのだから、丁寧に着実に。

 

 

 

情報や物に溢れ

 

時間に追われる日常となった今

 

自分のできることやりたいことを

 

きちんと整理し丁寧に暮らしたいなぁと感じる。

 

 

あれもこれもと欲張らず

 

やるときめたことをコツコツすると驚くほどぐっと心に余裕ができる。

 

 

満足感や豊かさを求めてあれこれやりすぎていた。

 

厳選したものを丁寧に取り入れる生活、まだできてないけど心がけたい

 

家族を持ってようやく感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

復興支援

熊本産トマト



自分で買いたいと言い出した息子君

甘くてフルーツ系の食べやすいトマト

というより

昔ながらのトマトらしい味わいがありながら

味のしっかりと濃いトマト

私はどちらのトマトも美味しいと思うけど

いつもなら甘いトマトが好きなキッズ達です

色々な話しが理解できるようになった長男は

トマトを大切に扱い

食卓で自分でカットしながら

「美味しい、美味しい」と完食してました。

復興支援においてできることは

細やかですが

積み重ね、子供達とも考えていきたいと思います。

 

珈琲タイム


ホッと一息



久しぶりに街を歩きながらお店に並んでいるものを目にした

素敵にレイアウトされているものを見ると

あれもいい

これもいい

と、欲しくなっていた。

そんな日々が懐かしいなぁ

気が付けばそんな気持とは久しい。

無駄が削ぎ落されていて

こだわりと意思を感じるシンプルなもの

長く愛され美しいものにしか惹かれない。

自分の個性と向き合い、

大切に毎日を積み重ねたい。

まだまだそんな風にはなれてはいないけど

家族を持つことは

私に変化のチャンスをくれていると気付きます…











 

クリスマスリース

今年はいろいろなクリスマスリースを作る機会をいただきました

これはハロウィンから飾れるように…



こちらは夏場まで飾れるイメージ



こちらはエレガントなイメージ

今頃どなたかのお宅で楽しんでいただけているかしら??



何かを制作するにあたって

没頭している時間は

良いリフレッシュになりますね〜



 
12345>|next>>
pagetop