July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おめでとう

 


先日は息子のお誕生日でした。


大人っぽいチョコレートケーキが

食べたいと言っていたので

たまには手作りではなく

パティシエの素敵なケーキにしてあげよう!と

プライベート書道のレッスンなどの

ティータイムで色々と


お世話になっている


パティスリー  ジャックの

チョコレートケーキを用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 


息子は美味しいけど

ママの手作りケーキが良かったなと

言ってくれて

加えて、彼の思いを語ってくれましたが

それは私の心の中に大切に

しまっておこうと思います。

なんだか

しみじみと子供の存在に

ありがたいなぁと思いました。

 

だってジャックのケーキの方がはるかに

 

素晴らしいのに〜!!


そのように思ってくれる

気持ちが母親にとっては

 

本当に嬉しいものですね…。

手作りケーキが家族を繋いでくれてる。

食べ物は言葉だけでは伝わらない

愛を届けてくれていることを

あらためて気付かされました。

ありがとうの気持ちを忘れずに

毎日丁寧に暮らしていきたいなぁ。


次回はやっぱり手作りケーキに

しよっと。

 

食べてくれる人の笑顔は

私の心の栄養です。



 

 

 

初詣

JUGEMテーマ:旅行


今年の初詣は

令和ゆかりの地で知られる

太宰府の坂本八幡宮にお参りしました。

行事にしても食にしても

日本の伝統的なもので

 

忘れ去られるものもあれば、


必要とされるものや

本当に意味を感じるものは

やはり残っていっていく。

 

 

 


こういった行事やお祭りには


「望まれて誕生し、慈しまれ、愛されて育った」

 

という実感を伝えることに

 

繋がっているように感じます。


行事で積み重ねる一体感により

子供達が多感な時期

家族が悩み落ち込んだ時

 

自尊心を失いかけた時

自分を大切にしてくれる人の存在や

自分を愛してくれる人の悲しみを

想像して難しい局面から

戻ってくることができる。

何気ない日々繰り返される行事を通して

小さな小さな積み重ねが

いつのまにか

強い結びつきや

大きな力に

なっていくように思います。

 

あらためて、

 

お料理や書道のお教室が

 

生徒様にとってそのような存在に

 

なることができるように

 

大切に歩みたいと

 

そんな事も強く感じる

 

お参りになりました。

 

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 



 

 

ちょっとした距離を大切にする


久しぶりのお出かけ

 

夜の居酒屋で

会社仲間と盛り上がるお隣さん

なんだか懐かしい。。。



ちょっと前に

 

コンサートに行ってきました。

 

しみじみ歌詞が沁みる年齢になりましたね。

 

その後に

 

リバコマへ。

 

何もかも趣味が合う人なんているわけない

 

女友達でも

 

男友達でも

 

食べることが好きだったり

 

美味しいお酒を飲んで大笑いしたり

 

音楽を聴いて涙を流したり

 

何か一つ楽しみが交わり、話が溢れ出す人がいると

 

たったそれだけで楽しい。




全てのことを誰かに求めなくても

 

たった一つでも合えば楽しいです。


 

 

離れている時間に

 

見たもの

 

見つけたもの

 

今度これはどう?!と、発見しておく。




距離や時間は

 

程よく離れていることって

 

長続きする人付き合いの

 

大切な要素かもしれませんね。

 




 

 

 

 

贈り物

このタパスは学生時代からの大切な

友人が送ってくれた本から

ヒントを得て

よく作るようになったタパス。

あ、懐かしいと思ってくれたり

作ってくださっている方も

いらっしゃるのかな。

過酷な旅先で出会って以来の友人。

就職活動を迎える私に

すでに就職を終えていた友人は

数年前に使った自分の就活ノートを

恥ずかしがることなく譲ってくれました。

プライベートなこと

自己観察と色々と書いてあるノート

何かとヒントをくれた友人です。

頻繁には会わないけど必ずお誕生日に

贈り物をくれていました。

滅多に会わないのに

探していたもの

ズバリ趣味の合うもの

熱中しているものなど

私に限らず

話しているといつも人を想う気持ちでいっぱい

相手を理解し、寄り添う姿勢は尊敬するところが多かった。

贈り物は

その人を想い巡らせること

そのことにとっても意味があり

ありがたいことなんだなぁと

しみじみ思います。

クリスマスシーズン

沢山の方が

贈り物を選んでいるのかな?

クリスマスマーケット


毎年恒例のクリスマスマーケットに
子供達と行ってきました。







とっても寒いのだけど

毎年懲りずに

来ています。





一緒に楽しいことをする

喜びを共有する事こそが

思いやりの原点な気がします。

子供を

叱っても

説明しても

なかなか人の悲しみを理解することは

難しいと聞いたことがあります。

今年も悲しい事件をテレビニュースで
耳にすることが

たびたびありました。

他人事ではありません。

喜びを共有して初めて

思いやりの心が芽生え

人の痛みがわかる。



この時期

イルミネーションも綺麗

至る所でクリスマスソングが聴こえてきます。

沢山一緒に笑って過ごして

あげたいですね。







新玉ねぎ

今年も大量の新玉ねぎが届きました!

毎日大切に食べています。


以前の上司からの贈り物





初心忘るべからず…

右も左もわからない私に色々

教えてくださったことに

感謝すると共に

いまだに気にかけてくださる優しさに

ほっこり

見た目はクールだけど懐の深さ温かさのある女性

そんな女性にいつかはなりたいものです。

親友からの贈り物


先日、大学時代からの親友から
プレゼントが届きました



どんなに離れていても、どんなに環境が変わっても
必ず年に一度は会っている親友

お互いに家族や仕事があるので
連絡は頻繁ではないけど
ありのままの姿で
全てさらけ出せる
いつ会っても腹の底から笑い合える
彼女の存在は大切です


気が付けば様々な思い出を積み重ね
お互いに困った時や嬉しい時に
同調ではなく時に厳しく時に優しく
冷静な意見を交わしてきた心友

ご主人の仕事でダラスにこの冬渡米


歳を重ね沢山の知り合いに

支えてもらってきたけれど
彼女のような存在に恵まれたことは
何よりも大きな宝物

こんな時も食いしん坊な私は
食べ物の思い出ばかり蘇るのです




学生一人暮らしの狭いキッチンで作った夜食

旅先で着飾り背伸びして行ったレストラン
パックパック旅行で分け合い笑い合った甘い甘いドリンク
同じマンションに暮らしてたころのおうち居酒屋ご飯
バリバリ働き毎日が外食だった頃の2人馴染みの中華に和食
お互いに子供ができみんなでお出かけしてヘトヘトに疲れてもなんとか作ったスピード飯
彼女のお宅に行くと必ず出してくれる宮崎牛があまりに美味しく男子学生並に食べてしまった私

あぁ 食は私たちに
爆笑な思い出から
ラグジュアリーな思い出まで
心を満たしてくれました

次いつ一緒に食べれるかな?

それまでは日本が恋しい?!はずの
友人の為に日本食レシピを
ブラッシュアップしよっかなぁ

思い出話にお付き合いくださり
ありがとうございました〜

日本らしい家庭レシピのご紹介が

レッスンで増えるかも?お楽しみにしてください




〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜

泡洗顔



丁寧なお肌のお手入れをしたい‥と
思いながら、怒涛の日々が過ぎていって
しまってます。

美容を専門とする友人からおススメされ
コレを新しい年の始まりに使い始めることに。

女性にとっては毎日使うものだから

なんだかワクワクしますよね




この泡で出てくる洗顔


細かくふわふわでもっちり

なかなか消えることのない

弾力のある泡。

バタバタしがちな三児の母には
かなり嬉しいもの見つけちゃいました。

クリスマスに生徒さまから素敵な

リップもいただきそちらも今までにない
使い心地に驚きです

コスメは進化し続けていますね。
今年の目標の一つ

毎日コツコツ美容‥

はじめます!と言いたいとこですが
まだまだしばらくは自分のことより

子供のこと

そして限られた時間で作り上げるレッスンのこと。

かつてほどしっかり時間をかけての
支度ができません。手抜きではありませんよ!
ぎゅっと集中して、今だからお伝えできる内容も
増えました。

今も変わらず受講し続けてくださっている生徒様のお気持ちは

かつてより深い想いを感じます。

お友達や生徒様の美容話も好きなので

色々楽しく聞いて

たまにサクッとお手入れを毎日いたしますよ!

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜


夏の思い出

ついに子供達は始園式を迎え

夏休みが終わりました







静けさが戻った家の中

バスを見送りながら

ホッとするものの


なんだか寂しい

 


夏休みは毎日大変だけど


人生の中で子供と過ごせる時間は


そう何年もない


私の両親と過ごせる時間だって


そう何年もない


両親、子供三世代共に近くにいた今年の夏休み

楽しい!嬉しい!とは違う


しみじみした有り難さ

あぁ毎日忙しい、クタクタだと


大人は言っているけれど


気がついた頃には


子供の方が忙しくなり


親子で遊ぶ時間など減るんだろうな


この日々を懐かしむ日もそう遠くないのかな…



 

贈り物

 

iPhoneImage.png

嬉しい贈り物

濱田まさるさんのコスメです。
新しい化粧品ってなんでこんなにテンション上がるんだろう

 

お手入れとは程遠いドタバタな毎日だけど

少しは美容のことも思い出そう


他にもグルメなプレゼントありがとう〜

祝われる歳でもないけど
20代までは誕生日ってやっぱり楽しみで
どこに行けるかなプレゼントは何かなと
子供のようなワクワク感があったものです。


そんな気持ちをこっそり少しだけ

未だにもっていられるのは

彼女のおかげかも。
 

彼女がいることを当たり前のように過ごしてきたけど

いつも応援し見守ってくれているおかげで

乗り越えられたことが沢山あったな

歳を重ねるほど

人生を伴走してくれる女友達の存在が

大きくなってくる

 

それはきっと言葉がなくても

表情一つ、声色一つで

分かり合えるくらい月日を経て

関わってきたからなのかなぁ

 

春には恒例の家族付き合い

子供とぐっちゃぐっちゃになりながらの

お泊まり会。楽しみだな。

 

 

 

12345>|next>>
pagetop