August 2016  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

常備菜

 

作り置きしておくと

 

便利で健康的な常備菜

 

家族のお弁当作りにも一役かってくれます

 

作り方はとっても簡単だから

 

空いた時間や週末に沢山作ることができます

 

 

今月はそんないつもの食卓にくりかえし

 

使えるレシピを準備しています

 

スイカ

毎日暑い日が続くと

 

冷たいアイスに

 

冷たいジュースが続いてしまう。

 

こんな時は90%以上が水分という

 

スイカで水分補給です

 

 

子供達にとっても

 

この大きなサイズの食べ物は分かりやすく

 

興味津々

 

まずは興味を持ってもらわないことには

 

何事もはじまりません…恋と一緒です…♡

 

 

 

 

減塩ブームで塩を敬遠する傾向にありますが

 

スイカにはほんのりお塩。

 

ほんのり塩をかけ塩味が上がったことにより

 

甘みも上昇するという「味の対比効果」が生まれます

 

夏の暑さで身体が疲労することにより

 

身体が欲するのは「甘み」

 

のどの渇きを潤す「水分」

 

暑い季節に身体の自然な欲求を満たしてくれる

 

最高のフルーツ

 

スイカには水分・糖分・ミネラル

 

唯一足りないのがナトリウム

 

ほんのりお塩をたすことがお味だけでなくバランスを良くしてくれます。

 

アミノ酸の一種シトルリンは血管を広げ

 

血流を良くする効果があるので美容にもとてもいい食材

 

シトルリンは白い部分に多く含まれているので

 

捨てずに瓜科の野菜として炒めものなどにしていただくと

 

身体にも家計にも嬉しです

 

 

 

 

 

旬の食材 無花果

無花果はそのままでも好き

 

 

でも旬となると美味しくてお求めやすくなるので

 

そのままで食べるだけではもったいない

 

夏から秋にかけて旬を迎える無花果

 

旬のフルーツを使ったお菓子やお料理

 

をお教室ではご紹介しています

 

 

定番の無花果のコンポートにもスパイスを効かせて

 

大人な味に仕上げています

 

 

 

 

 

河遊び

今年の夏は例年にも増して

 

暑い夏でした

 

夏休みも残すところあと少し…

 

熱中症に注意しながら

 

どこに子供達を連れて行こうかしら…と。

 

 

息子達をみていると

 

暑さなんて関係なく

 

やっぱり外で遊びたいようです。

 

夏が暑いのは当たり前だけど

 

あまりにも暑いと困ってしまう大人…

 

 

そんな中

 

今年はいろいろと河遊びに行ってきました

 

川遊びなら木陰があり暑さを和らげながら外遊びができる

 

自然の匂いと虫の鳴き声、日差しのキラキラした感じ

 

 

 

我が家は2人ともまだ幼児なので

 

水かさが浅く小石が沢山あるとこもあり

 

安全を確保しながら大人もゆったりと過ごせて、遊ばせるのに最高です。

 

水温の低さに気をつけながらにはなりますが

 

飽きることなくずっと遊んでくれる

 

夏が終わるのはなんだか寂しい…

 

 

 

 

八千代座 熊本

 

熊本県山鹿にある芝居小屋

 

八千代座へ

 

 

建物の説明をしっかりとしてくださる案内の方

 

地元の方の温かい説明で

 

歴史ある建物のおもしろさを

 

しっかりと知ることができます

 

 

 

提灯や暖簾には

 

「ヨ」の周りに

 

「八」つの「千」が配されたロゴ

 

なかなか素敵です

 

 

 

枡席には8人も座っていたとか…

 

木の上を歩いて席まで移動していたそうです

 

 

シャンデリアは真鍮の輸入品

 

戦時中は取り外された期間もあるようですが

 

再び取り付けられ

 

何とも言えない不思議な組み合わせ

 

和洋折衷美しくマッチした

 

空間を作り出しています

 

 

八千代座界隈の商店の広告を

 

当時のように再現した

 

豪華な天井画

 

 

舞台裏や奈落のつくりは

 

仕掛けの隅々まで知ることができます

 

子供達も興味津々…

 

 

控え室

 

 

 

古き良き時代の娯楽文化に触れられる

 

貴重な空間。

 

歴史の流れの中で丁寧に守られている空間

 

ずっと過ごしたくなる…

 

タイムスリップしたかのような不思議な体験ができます

 

次はここで

 

同年代の麻央さんにはぜひ元気になってもらい

 

海老蔵さんのお芝居でもみたいものです

 

向いにある資料館にも是非立ち寄ってみてくださいね

 

 

 

 

 

 

豆苗

今日の福岡は大雨。

 

九州は大雨傾向にあります…熊本が心配です。

 

6月ももう終わりですが

 

これから台風→猛暑…天候が不安定になると

 

お野菜の成長にも影響してきますね。

 

そこで注目野菜は豆苗

 

他の野菜が高騰していてもハウス栽培なので

 

天候に左右されることなく格安をキープしてます。

 

 

豆苗はエンドウ豆の若菜ですので緑黄色野菜

 

決して栄養がないから安い訳ではありませんよ!

 

安価で栄養価が高い。

 

こちらに「絶品 シャキシャキ中華炒め」をアップしているので

 

作ってみてくださいね。

 

小松菜でご紹介してますが豆苗で作っても美味しいです。

 

http://preview.cookingschool.jp/recipe/10016

 

ちなみにお教室では

 

カオマンガイ(シンガポールチキンライス)

チキンスープ

エスニックカルパッチョ…

 

などと一緒にいただいております。献立の参考に…

 

 

油で炒めることでβーカロテンやビタミンE(抗酸化作用)の吸収が良くなります

 

ただ加熱しすぎるとビタミンC、B(代謝を促す)が損失してしまうので

 

手早く加熱しましょう。

 

切り離した根っこの部分を水に浸し

 

一日2回程度の水換えをすると

 

スクスクと新芽が成長してまた美味しく食べられます。

 

再生栽培を夏休みに子供達と楽しむのも良いかもしれませんね

 

(何度も栽培はできません、1回くらいは元気にしっかり育ちますよ)

 

 

 

 

平山温泉 熊本

旅行を予定していた人のキャンセルが相次ぎ

 

ゴールデンウィークまさに稼ぎ時のダメージ

 

そして、これからは夏休み

 

国内外問わずやはりお客様は減っているようです。

 

国からはホテルや旅館に対する建設費助成に加え

 

割引付き旅行プラン助成制度も予定されています

 

九州7県対象ですから、九州を広く楽しみながら

 

熊本で宿泊といったプランを立てることも可能です

 

多くの方に利用していただきやすい制度により

 

賑わいを取り戻し復興に繋がることを願っています。

 

どうぞBlogを通して九州に興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

足を運んでみてくださいね。

 

 

先日おじゃましたのは平山温泉

 

熊本城を築城した加藤清正が

 

汗疹を治したと言われています

 

 

緑豊かでとってものどかな温泉地

 

熊本県山鹿市街地から車で10分程度で

 

子供連れでしたら近所を散歩するだけで

 

楽しんでくれますよ

 

 

 

温泉は本当に…本当に…すごくいい。

 

源泉が40度程度で足し湯なしでもちょうどいい適温です

 

100%源泉でとろっとしたお湯、美肌の湯と言われる通り

 

ツルンツルンになります。

 

翌日は八千代座を観光したので

 

次の記事で…

 

 

 

福岡に越してから

 

この期間を利用し

 

周辺の温泉を楽しんでおります。

 

また九州旅行のヒントになるようなレポートができればと思います。

 

 

 

 

 

レトロなとんかつ

 

鳥栖にある鉄道定食やさん??という感じ

 

SL好きな次男のために…

 

 

 

 

 

お料理をはこんできてくれますよ〜

 

 

 

レトロなアイテムが沢山並べられていて

 

息子達は何かと忙しそうでした…

 

 

 

かき氷

 

夏の楽しみ

 

かき氷!!

 

屋さんごっこ。。。。

 


 

プラスチック製の

 

テイクアウトな雰囲気満載のカップに作って

 

シロップをオーダーする息子達。

 

このシロップは無着色で素材の色です

 

とっても美味しくておススメ。

 

 

兵馬俑

圧巻の兵馬俑

一体一体表情や体つきが違い

全てにモデルがいたとされる8000体

これだけの規模で出土されたなんて驚くべきこと

農夫が井戸掘り中に発見したようだけど

タイムスリップしたかのような

臨場感を感じただろうなぁ…



永遠に続く帝国を夢見た秦の始皇帝は

自分の死後、己の墓を取り巻くように

兵馬俑を配することを命じたという

日本の弥生時代にあたるこの時代に

これだけの国家組織があったということ

それを考えると今の「中国」と言う国が持つ

底知れぬ力を感じる

あまりとやかく中国のことは言えない…

すべての欲望を手に入れ最高権力者となった一人の人間の

死への対峙はいったいどんなものだったのだろう…

始皇帝の死後たった二年で秦は滅びてしまったけど

2200年経った今でも兵馬俑として生き残り

この展示では一部しか見られないものの

確実に何か語りかけているように感じた

あぁ出土された場所を訪れたい…



始皇帝が中央集権制確立のためにさまざまな規格統一を行い

大きなものは度量衡(重さの統一)、篆書体への書体統一。

(印鑑でみるような書体)

文字を統一することで多くの人民への情報技術を統一し

統治しやすくしていった、その様子が

展示の中でも書体として生で見ることができ

非常に面白い。

文字を書くことと政治は密接に関係していた

始皇帝は文字を統一したと言うと聞こえは良いけど

自国の文字を基準にし他国の文字を廃した。

展示物からそういったこともひしひしと感じた

さて、自宅に帰ってしばらくは

この時代の臨書に勤しもう…




 
12345>|next>>
pagetop