April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

舞鶴公園

 

散り際も美しい

 


 

意志を感じるほどに咲き誇り

 

潔く散っていく

 

今年も家族の笑顔とともに

 

桜を愛でていられること

 

ありがたいな。。。。


 

この瞬間はいつでも目の前にあるわけではない

 

それは満開の桜だけに言えることではない

 

気がつけば散っていた…とならないように

 

大切に日々過ごそう。。。。

 

 

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜
 

 

 

 

博多

からっと晴れた朝

嬉しいな〜





ゆっくりと映画鑑賞したあとの

博多丼

博多の美味しいものがびっしりつまってました

御船山

 

大好きな庭園が桜のライトアップ中ということで

 

足を伸ばしてまいりました

 

 

季節ごとに表情を変えるこの庭園

 

次はツツジや藤が見ごろを迎えるようです。

 

楽しみですね。

 

 

何度でも訪れたくなる心地よさ

 

〜 福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo 〜

 

 

 

伊万里へ

 


家族のお出かけついでに伊万里におじゃま
魅力的な器の数々にうっとりしました




窯元めぐりは勉強にもなります

九州に越してきて恵まれてると
感じることの一つかも


長男からの呼び出しがかかりタイムオーバーでしたが

癒されるお散歩でした。

 

 

福岡 藤崎にある料理・書道教室 rintoyo

 

今年は遅かったけどやっと綺麗に咲きました


四季があるっていいね〜



明日から雨続きとは…


残念だな。

 

 

福岡 藤崎のお料理・書道教室 rintoyo

 

神楽舞

これという博多明太子に出会ってなかったけど

センス抜群な贈り物

味も見た目も素敵です



 

福岡 藤崎のお料理・書道教室 rintoyo

贈り物

 

iPhoneImage.png

嬉しい贈り物

濱田まさるさんのコスメです。
新しい化粧品ってなんでこんなにテンション上がるんだろう

 

お手入れとは程遠いドタバタな毎日だけど

少しは美容のことも思い出そう


他にもグルメなプレゼントありがとう〜

祝われる歳でもないけど
20代までは誕生日ってやっぱり楽しみで
どこに行けるかなプレゼントは何かなと
子供のようなワクワク感があったものです。


そんな気持ちをこっそり少しだけ

未だにもっていられるのは

彼女のおかげかも。
 

彼女がいることを当たり前のように過ごしてきたけど

いつも応援し見守ってくれているおかげで

乗り越えられたことが沢山あったな

歳を重ねるほど

人生を伴走してくれる女友達の存在が

大きくなってくる

 

それはきっと言葉がなくても

表情一つ、声色一つで

分かり合えるくらい月日を経て

関わってきたからなのかなぁ

 

春には恒例の家族付き合い

子供とぐっちゃぐっちゃになりながらの

お泊まり会。楽しみだな。

 

 

 

春の食材が美味しいです。

 

中華レッスン

 

・筍ジャージャー麺

・春キャベツと桜海老のスープ

・海老のオーロラソース 

・帆立焼売

 

 

 

 

 

 

和食レッスン

 

・独活と鶏の金平

・切り干し大根帆立和え

・鯵大葉フライ 梅おろし添え

・郷土椀

・筍ご飯

 

 

 

 

 

 

春の食材が増えてきてとっても嬉しいです。

 

食感や香り、私の中でもなんだか芽生えを感じます。

 

なんでなんだろう、春の訪れを感じると心弾むのは…

 

日本人ならではのこの感覚。

 

色々と面白騒動が巻き起こり

 

笑いの絶えないレッスンでした 。。。。

 

 

釣りって楽しい!

子供達と釣りへ

ここの海釣り公園は

色々とものも揃っているし

手を洗うところもあるので

子連れの釣りには最適です。



ミニチュアフグに

子供大興奮??

プクーって膨らんだ??と。

釣った魚はさばいて衣をつけて

冷凍保存。

子供たちが釣って

相棒が調理してくれて

食べるだけ〜

おもてなしをすることは好きですが

もてなされることはもっと好き

至福の時です。

誰かに作ってもらったものって
どうしてこんなに美味しいのだろう!

海響館

下関にある海響館

ペンギンが泳ぐ様子を上からも
下からもガラス越しに間近で見ることができて
興味津々。

着ぐるみに着替えて

ペンギンに語りかける息子





彼はギャグではなく、本気ですが
大人は笑ってしまいました。
12345>|next>>
pagetop